STAFF BLOGs — 日焼け止め対策

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

桜も咲き始めて春爛漫。日中は気温も上がって汗ばむ陽気の日もありますね。

いよいよ本格的に日焼け止めを塗る季節になってきました。

 

皆さんは洗顔後どのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

クリームや美容液などの一連のお手入れの後にUVを塗っていますか?

便利な乳液とUVが一緒になったタイプのものや、UV化粧下地を愛用している人も多いようです。

さて、日焼け止めを使うとメイクが崩れやすいという悩みをよく聞きます。ハウトシールドのクリームはそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在です。

肌バリアの要として注目されるラメラ構造。ここに着目した化粧品は多々ありますが、ハウトシールドが画期的なのは、ラメラ構造をクリームで“擬似的に再現”した点なのです!塗るだけで角質内に理想のバリア構造を形成できるこのクリーム技術は、ドイツで特許取得済みです。

 

ハウトシールドのクリームを塗ると肌バリア機能がしっかり整って、その上に重ねる日焼け止めやメイクがのりやすい土台ができるのです。さらには、ハウトシールドのクリームを使うと、肌が水分を自ら抱え込める皮膚環境に育つので肌内部からもっちりします。

 

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間にすき間ができて紫外線が入りこみやすくなり、バリア機能も低下するので紫外線ダメージをより受けやすくなってしまいます。日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには、まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことも大切です。

 

メイク崩れ予防と日焼け止めの効果アップのために、肌のバリア機能を整えて健康な肌を育てるハウトシールドを貴女のスキンケアに取り入れてみてください。