STAFF BLOGs — 齋藤薫さん

化粧品選びの落とし穴!使い心地≠美容効果

化粧品選びの落とし穴!使い心地≠美容効果

皆さんは基礎化粧品を選ぶ際に何を重視していますか?

美容成分でしょうか?それともクリームのテクスチャーや使用感でしょうか?

サンプルを実際に試して効果を感じられるかどうか、でしょうか?

 

「使い心地が良いから」という理由で化粧品を選ぶことは悪いことではありません。

誰だって使い心地が良い方が毎日のスキンケアが楽しくなりますよね!

「とろ〜んとして気持ち良い化粧水」や「ちゅるんと浸透する感じの美容液」とか「こっくり濃厚なクリーム」などの「テクスチャー」は、化粧品の第一印象を大きく左右します。

 

ですが、化粧品の「テクスチャー」は、化粧品の「効果」とは関係ありません。

なぜなら、テクスチャーや使用感は「感触を良くするための成分」で演出されたものであって、実際にとろんとしたり、ちゅるんとしているのは自分の肌ではなく、肌の上に乗ったその成分だからです。

化粧品の実際の美容効果は、当然ながら配合されている美容成分の種類と濃度によって決まります。

 

ハウトシールドは、肌にストレスとなる成分を極限まで削り、美肌成分同士が相乗効果を生む絶妙の配合で作られた美容クリームです。また、健康なヒトの肌構造を模倣した水分と油分がミルフィーユ層のようになったクリームなので、肌なじみも抜群です。

 

ハウトシールドを愛用してくださっている著名な美容家さん達もその使い心地と効果を絶賛してくれています(^_−)−☆

 

「化粧水を使わなくてもいきなり肌がみずみずしく、次の瞬間もちもちしてきて、ちょっと息をのんだほど」齋藤薫さん(美容ジャーナリスト)

「スフレみたいな質感で、化粧水なしでも肌にじゅわっと浸透します」松本千登世さん(美容エディター)

「クリーム単体でこれほど肌に浸透するのか、と驚くようなテクスチャーで、ラメラ構造の“欠けた”部分に入って整えてくれるようなイメージ」貴子さん(美容皮膚科医)

「驚くほど軽くジェルクリームみたいで、肌内に有効成分だけがシュッと浸透していく感じ」永富千晴さん(美容ジャーナリスト)

 

どうです?使い心地も良くて美容効果もバッチリなんて最高じゃないですか!

さぁ、次にハウトシールドの使い心地と効果を実感するのは貴女です。

2022年は自分史上最高に柔らか〜いふっくらもっちり肌で迎えませんか?

週刊文春WOMANで紹介されました!

週刊文春WOMANで紹介されました!

少し前にさかのぼりますが、6月22日発売の週刊文春WOMANで、齋藤薫さんのコラム『密かに話題!化粧水不要論は是か?』にてハウトシールドが紹介されました。男性たちが「今の化粧品市場を変えたい!」と新しいスキンケア製品を発売したり、無類の化粧水好きと言われる日本市場においてさえ、男性研究者が「化粧水不要」のスキンケアを提案したりと、今大きな変化が来ているのでは?というのがテーマでした。記事を書かれた齋藤薫さんは説明不要のトップ美容ジャーナリスト。深く豊富な専門知識と、美容を単なる美容で終わらせない、「生き方のヒント」とさえ言える美容論で数々のメディアで活躍されている第一人者です。

“化粧水不要論”はこれまでも何度となく話題に上ってきたので、「そうは言うけど本当かな〜」と疑問に思う方や、「本当のところはどうなんだろう?」と少し立ち止まって考える方もいらっしゃるかも知れません。また、あまたあるオールインワン系のスキンケアは、化粧水の役割を持つとしつつも、それ自体はクリームかジェルであり、化粧水=水分単体を肌につける、という工程はありませんので、化粧水(もしくは導入化粧水)から始まるスキンケアを既にやっていない方もいらっしゃいます。

肌にとって有効か否か?という科学的な議論以前に、顔にバシャバシャと水分をつける心地よさも離れ難いでしょうし、そもそも、日々おこなっているスキンケアや手順の常識を疑うこと自体とても難しいことなので、「いるか、いらないか」とそう単純に割り切れないなかなかハードなテーマです。

ハウトシールドは「化粧水は当然必要!」という常識から企画されたスキンケアではないですし、ましてや化粧水も乳液もクリームも…全部ひっくるめた便利さを追求した、いわゆるオールインワンスキンケアでもなく、30年以上の長い歳月を費やして、気の遠くなるような数の実験や検証を繰り返し、皮膚の再生の仕組みとその改善方法を発見したサイエンティストの手によって、結果的にその形になった他には類を見ない唯一のメソッドです。肌への確かな効果、研究結果、そしてとても繊細な技術で、皮膚科学先進国のドイツで特許を取得しています。

(皮膚科学者・ハウトシールド開発者 マーティン・アルブレヒト氏)

ラメラを立て直すこと、自ら潤いを生み出せるサイクルに戻すこと。そのシンプルな皮膚機能を立て直すことは、美肌作りの第一歩。齋藤薫さんは以前雑誌でハウトシールドについて『自らぐんぐん潤う“強い肌”を育てている手応えを感じる』とおっしゃってくださいました。毎日のケアが果たして本当に肌にとって良いことをしてあげられているのか??その本音を肌に聞いてみたいですね!