STAFF BLOGs — UV

夏の肌こそ、クリームを!

夏の肌こそ、クリームを!

いよいよ夏本番、太陽ギラギラの猛暑に近づいてきましたが、皆さまお肌の調子はいかがですか?

ところで、老化の原因の「約80%」が紫外線からの影響(=光老化)だと言う事実をご存知でしょうか?

 

3月〜10月の春から秋にかけては紫外線が強く降り注ぐ時期。 特に7月〜8月は外に出た途端に強い紫外線に肌がジリジリ焼けるような刺激を感じますよね。 この時期にはSPF、PA値の高い日焼け止めをしっかり塗って、紫外線ダメージから肌を守ることが大切です。

ご存知のように、日焼け止めの主成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

「紫外線吸収剤」の方は、水分を吸収するかのように紫外線を吸収するスポンジを肌にのせているイメージ。その「スポンジ」が化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

 一方で、「紫外線散乱剤」は、散乱剤 (パウダー)がベールのように肌を均一に覆って、物理的な仕組みで紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。

 

散乱剤と比較すると、吸収剤の方がベールよりもスポンジの方が紫外線を透過させない力があるように、UV効果が高くなります。対して、散乱剤は、ベールの方がふんわり肌を守るように、肌への負担が軽くなる傾向があります。

吸収剤は、肌馴染みも良くて紫外線ブロック効果が高いのですが、肌の上で化学反応が起こるため、肌にチクチクした刺激を感じたり、敏感肌は赤みや湿疹が出る場合があります。

その一方で、散乱剤は肌への負担は軽いけれど、白浮きしやすく、またパウダーが肌の表面の水分を奪って肌が乾燥しやすいと感じる場合があります。

紫外線から肌を守るために日焼け止めは絶対に欠かせないアイテムですが、吸収剤も散乱剤も「日焼け止めクリームは肌に刺激を与える」と不安を感じている人が多いのも事実です。

 

そんな時に使って欲しいのがハウトシールドのEQクリームです。

健康な人の肌と同じ構造で出来ているクリームなので、驚くほど肌なじみが良く、するするのびるのにベタつかず、ダメージを受けたバリア機能を修復してくれます。

まるで自分の肌のように機能するクリームなので、EQクリームを塗った上から日焼け止めを塗ると、日焼け止め独特の肌がチクチクしたり乾燥したりする不快感がありません!

 

更には、EQクリームがバリア機能をしっかり保護してくれるので、日焼け止めやメークが汗で崩れにくくなります。

実は、夏は紫外線が強く、汗が蒸発して肌から水分が奪われる過酷な環境にあるので、冬と同じくらい肌深部が乾燥しやすいのです。

 夏場にクリームを使うとベタベタするから嫌だ、と敬遠される方が多いですが、ハウトシールドのクリームはベタつきません。

 

夏の肌こそ、保湿が命です!

是非ともハウトシールドで夏バテ知らずのぷるぷる潤い美肌をキープしてください♡

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

桜も咲き始めて春爛漫。日中は気温も上がって汗ばむ陽気の日もありますね。

いよいよ本格的に日焼け止めを塗る季節になってきました。

 

皆さんは洗顔後どのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

クリームや美容液などの一連のお手入れの後にUVを塗っていますか?

便利な乳液とUVが一緒になったタイプのものや、UV化粧下地を愛用している人も多いようです。

さて、日焼け止めを使うとメイクが崩れやすいという悩みをよく聞きます。ハウトシールドのクリームはそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在です。

肌バリアの要として注目されるラメラ構造。ここに着目した化粧品は多々ありますが、ハウトシールドが画期的なのは、ラメラ構造をクリームで“擬似的に再現”した点なのです!塗るだけで角質内に理想のバリア構造を形成できるこのクリーム技術は、ドイツで特許取得済みです。

 

ハウトシールドのクリームを塗ると肌バリア機能がしっかり整って、その上に重ねる日焼け止めやメイクがのりやすい土台ができるのです。さらには、ハウトシールドのクリームを使うと、肌が水分を自ら抱え込める皮膚環境に育つので肌内部からもっちりします。

 

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間にすき間ができて紫外線が入りこみやすくなり、バリア機能も低下するので紫外線ダメージをより受けやすくなってしまいます。日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには、まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことも大切です。

 

メイク崩れ予防と日焼け止めの効果アップのために、肌のバリア機能を整えて健康な肌を育てるハウトシールドを貴女のスキンケアに取り入れてみてください。