STAFF BLOGs — メイク崩れの悩み

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

全国的にそろそろ長雨の続く梅雨の季節になってきましたね。

湿度が高くなると肌のベタつきが気になったり、一方でエアコンをつけすぎると肌の乾燥に悩まされたり、この季節はお肌の不調が出やすい時期です。

ところで、皆さまの肌は乾燥肌ですか?脂性肌ですか?それとも部分的にオイリーとドライな混合肌?

実は、大人の女性で、「私の肌は乾燥肌ではありません、オイリーだから」というほとんどの方が「インナードライ肌」である可能性が高いことをご存知でしょうか?

インナードライとは、肌表面の皮脂のベタつきで一見オイリー肌に見えるのに、角層の中(インナー)は水分不足で乾燥している(ドライ)から「インナードライ」といわれる肌質です。

その一方で、脂性肌(=オイリー肌)は油分も水分も多い状態で、うるおいや弾力はあっても油っぽくてベタつく10〜20代に多い肌質のことを指します。肌は、内側の水分が足りないと皮脂を外に出して膜をつくってうるおいを保とうと頑張る性質があるので、「私、脂性肌なの」という人で本当に脂性肌だった人は意外と少ないのです。

特に年齢が上がると、長年「脂性肌だから」と思い込みでしてきたスキンケアで肌がずっと水分不足状態で、その結果、肌が硬くなり毛穴も目立ち、ファンデーションが崩れやすく、夕方になると肌がくすみやすいという悩みのオンパレードになってしまったのが「インナードライ」です。

 

・Tゾーンはベタつくのに頬や口まわりはカサつく

・うるおって見えるのにメイクノリが悪い

・あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる

・毛穴が目立つ

・ニキビケアを続けているのに治らない

もし、こんな症状でお悩みなら、貴女の肌はインナードライ肌なのかも?

インナードライ肌とは、内側がカラカラ、外側がベタベタで、水分と油分のバランスが崩れて、バリア機能が低下している状態。

バリア機能が低下すると、肌の保水力が落ちるので水分が蒸発。その蒸発を防ごうと、過剰に皮脂を分泌させて皮脂膜で覆ってしまいます。皮脂膜は健やかな肌にも存在しますが、インナードライは過剰な皮脂量。だからベタベタなオイリー肌だと勘違いしてしまうのです。

 

肌バリア機能を正常化させ、肌が水分をしっかり貯められるよう水分保持力をアップさせるのがハウトシールドのスキンケアです。

健康な人の肌と同じ構造を擬似した肌なじみの良いクリームが肌バリアの欠けた部分を修復しながら、本来の肌力を最大限に引き出してくれるドイツ生まれのサイエンスコスメ。

ナイトクリームが肌のターンオーバーを促進し、内側からふっくらうるおう肌へと育てます。

EQクリームは肌バリアを守り、内側から水分が逃げないように夜までしっとりツヤツヤの肌を持続させます。

今こそ、「オイリーだからクリームは要らない」という長年の思い込みを断ち切り、水分不足で内側がカラカラになっている肌をレスキューする時です!

決して遅すぎることはありません、クリームを使うとベタつく、という偏見を覆すハウトシールドの使い心地とその威力を是非とも貴女の肌で試してみてください。

☆福岡岩田屋定番コレクションに出店中☆

☆福岡岩田屋定番コレクションに出店中☆

去年の10月に続いて、本日から6日間、福岡岩田屋の定番コレクションPART1に出店しております。

■5月18日(水)〜5月23日(月)福岡岩田屋本館7階 大催事場■

今回は、クリームと美容液ともに組み合わせ自由で2本お買い上げの場合は5%オフ、3本以上お買い上げの場合は10%オフという特別価格でご案内していますので、どうぞお立ち寄りください!

ハウトシールドチーム一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!

今春から始めよう!ハウトシールドで肌育!

今春から始めよう!ハウトシールドで肌育!

今年の春は雨が多いですね。気温の変化もジェットコースターのようで、着るものだけでなく肌も追いつかない状態でストレスフル(>_<)

 特に季節の変わり目とマスク着脱ストレスが重なってヒリヒリモード大全開な人も多いはず。

そんな時は、肌をやさしく守りながら刺激に負けない強さを育むお手入れが理想的。

ハウトシールドのクリームは、そんな時に頼り甲斐のある設計です。

化粧水なしでもスルスル伸びてしっとり潤うのにベタつかない、肌のラメラ構造の欠けた部分をパテ埋めしてくれるような不思議な心地良さ。

健康な肌のラメラ構造を擬似的に再現した設計のクリームだからこその、驚くほどの浸透としっとり感、まるで肌のように快適にはたらきます。

 子どもの新学期や自分の仕事でバタバタする季節、忙しい朝も、一刻も早く眠りにつきたい夜も、クリームひとつで完了できる夢のようなスキンケア。

未来の美肌のために、ハウトシールドでしっかり肌を守りながら自らがぐんぐん潤う強い肌を育てていきませんか。

 

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

桜も咲き始めて春爛漫。日中は気温も上がって汗ばむ陽気の日もありますね。

いよいよ本格的に日焼け止めを塗る季節になってきました。

 

皆さんは洗顔後どのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

クリームや美容液などの一連のお手入れの後にUVを塗っていますか?

便利な乳液とUVが一緒になったタイプのものや、UV化粧下地を愛用している人も多いようです。

さて、日焼け止めを使うとメイクが崩れやすいという悩みをよく聞きます。ハウトシールドのクリームはそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在です。

肌バリアの要として注目されるラメラ構造。ここに着目した化粧品は多々ありますが、ハウトシールドが画期的なのは、ラメラ構造をクリームで“擬似的に再現”した点なのです!塗るだけで角質内に理想のバリア構造を形成できるこのクリーム技術は、ドイツで特許取得済みです。

 

ハウトシールドのクリームを塗ると肌バリア機能がしっかり整って、その上に重ねる日焼け止めやメイクがのりやすい土台ができるのです。さらには、ハウトシールドのクリームを使うと、肌が水分を自ら抱え込める皮膚環境に育つので肌内部からもっちりします。

 

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間にすき間ができて紫外線が入りこみやすくなり、バリア機能も低下するので紫外線ダメージをより受けやすくなってしまいます。日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには、まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことも大切です。

 

メイク崩れ予防と日焼け止めの効果アップのために、肌のバリア機能を整えて健康な肌を育てるハウトシールドを貴女のスキンケアに取り入れてみてください。