STAFF BLOGs — 弱酸性

ゆずれない弱酸性へのこだわり

ゆずれない弱酸性へのこだわり

「お肌は弱酸性」という知識が浸透しているように、健康な肌の表面はpH4.5〜6.0の弱酸性です。

肌が弱酸性である理由は自分で自分の皮膚を守るため。肌がカビ、酵母菌、雑菌から守られているのは、肌が弱酸性に保たれているからです。

なので、洗顔料やボディケアなどが「皮膚と同じ弱酸性」と聞くと、肌にやさしいのかな?低刺激なのかな?と何となく納得しそうになりますよね。

・・・が、実際のところ弱酸性の商品は本当に低刺激=肌にやさしい、のでしょうか?

 

例えば、弱酸性(pH4~5)の洗顔料ですが、pHが酸性に傾くほど洗う力は弱くなるので、洗浄力を補うものが必要になってきます。それが合成界面活性剤や乳化剤であり、同時に、もこもこ泡洗顔料や洗い流しがスピーディーなものは特に強い界面活性剤が使われています。せっかくアルカリの刺激を回避しても、強力な界面活性剤や乳化剤で肌バリアが壊されては何の意味もありません。

ハウトシールドが提案する洗顔フォームとクレンジングミルクは、強い界面活性剤や乳化剤を一切使わずに、必要以上に洗いすぎず、肌環境を乱さないことにこだわり抜いた弱酸性です。

今まで洗顔後に肌がつっぱるほど強い洗顔料を使ってきた人には、最初は頼りなく感じるかも知れませんが、実はこれこそが本来の肌バリアがきちんと守られた理想的な肌環境なのです。肌バリアが整っていれば、肌が自ら潤いを貯められるので洗顔後に肌がつっぱることもありません。

 

美肌=バリア機能の強さ、にこだわり抜くハウトシールドが満を持してお届けする洗顔フォームとクレンジングミルクは、使った分だけ肌が喜ぶ設計になっています。

開発者のゆずれない信念をそのまま形にした、使っていただくことでハウトシールドの肌との向き合い方をまさに肌で感じられる自信作です。

今年の夏にはハウトシールドファンの皆さまに手に取っていただけるよう準備を進めておりますので、どうぞお楽しみに♡