夏季休暇中の配送とお問い合わせ対応について

STAFF BLOGs — 美容クリーム

オールインワンではなく「オンリーワン」

オールインワンではなく「オンリーワン」

ハウトシールドを朝晩クリーム1つのシンプルケアだと紹介すると「オールインワンですか?」と聞かれることが多くあります。

一般的に「オールインワン」とは、化粧水や乳液、美容液や化粧下地など1つで何役もこなす化粧品を意味しています。それぞれのアイテムを選ぶ手間が省けるうえ、スキンケアの時短にもなり、またいくつも種類を揃えなくていいので、節約にもなる便利な化粧品として人気があります。

 

確かにハウトシールドはクリーム1つのスキンケアですが、決して時短目的で役割をまとめた結果の一品(=オールインワン)ではありません。

ハウトシールドの開発者はドイツの皮膚科学研究者で、もともと製薬会社向けに皮膚疾患のクリームを配合していました。そんな彼が提唱しているスキンケアの真髄は、肌のバリア機能を正常化すること。

ただ一途に「バリア機能の回復を目指すこと」を最大にして唯一の目的に開発されたハウトシールドのクリームは、健康な人の肌の構造を擬似的に再現することに成功した画期的なラメラ設計クリームなのです。

 

本来肌が持っている、自らを守りながら自らを潤す力を最大限に伸ばすという一番大事な仕事をクリーム一品で行う上に、毎日の肌に必要なものも全て配合できたからこそ、この一品の濃密ケアが誕生したのです。

あらゆる無駄を削ぎ落とした極めてロジカルな逸品という意味でも、ドイツで特許取得済みの独自の技術という意味でも、まさに「オンリーワン」なクリームです。

クリーム単体でこれほど肌に浸透するのか!と驚くようなテクスチャーで、洗顔後すぐの肌になじませると、ラメラ構造の“欠けた”部分に入って整えてくれるようなイメージです。

塗るだけで角層内に理想のバリア構造を形成できるクリーム技術で、化粧水なしでもいきなり肌がみずみずしくもっちりするので「ケアしても肌が応えてくれない」と悩んでいる方にこそ試していただきたいスキンケアです。

目からウロコの正しい保湿とは

目からウロコの正しい保湿とは

肌を保湿するために「化粧水が本当に必要かどうか?」は、皮膚科医でさえ意見が分かれています。

「そもそも化粧水は浸透しないし保湿できないから不要!」と「日本人の肌には化粧水が必要!」と賛否両論ですが、化粧水にも様々な種類があるので一概に浸透するしない、保湿できるできない、とも言えないのが悩ましい状況です。

 

ただ、日常生活でふと疑問に思うことはあります。

化粧水をたっぷりバシャバシャ何度もお肌に入れると保湿される、と信じている日本人女性の多いこと。

しかし、お風呂に浸かっていて、お湯がどんどん浸透してくることはないですよね。

朝の洗顔でも、洗顔の水が肌にぐんぐん浸透してくることもない・・・ですよね。

それは、本来の肌の性質が水分をはじくからであり、むしろこの水分のはじき具合が肌の若々しさと潤いを測る基準にもなっています。

 この水分をはじく仕事をしている肌に、水分をたっぷり浸透させようと化粧水を繰り返しつける・・・なんだか矛盾していませんか?

 

 水は浸透しないのに、どうして化粧水は浸透することになっているの?と考え始めたら、そもそも浸透すること自体が良いことなのか?それより何の成分をどのように浸透させることの方が重要なのでは?と気になり始めたり・・・

もし、肌を守るバリア機能を壊して美容成分が浸透してくるのであれば、壊されたバリアから他の悪いものも入ってくるだろうし、内側の水分も出て行ってしまうだろうし・・・ですよね?

 

美しい肌を育てるには、肌バリアの働きと水分を保つ働きがしっかり機能するように角質層の健康を保つことが大切です。

実は、水分は外から与えられるのではなく、内側から満たされるものなのです!

それは、肌の奥で水分が作られる、その水分の蒸発を肌バリアがしっかり防げている、この状態こそが本当に「保湿」されている肌の状態です。

 

肌バリア機能を正常化させる=肌の仕組みに寄り添った保湿、なのです。

ハウトシールドのクリームを塗ると、肌を“密閉”して守っている間に、美肌成分を中で活性化させて、細胞を生み出しやすい肌に育てていくことができます。こうして肌バリア機能を立て直すことで、自らしっかり水分を貯えられて「正しい保湿」ができる肌に変わっていくのを実感できます。

ぜひ、貴女も肌を育む喜びを教えてくれる機能派クリームのハウトシールドで、自分の肌と向き合ってみてください。

 

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

桜も咲き始めて春爛漫。日中は気温も上がって汗ばむ陽気の日もありますね。

いよいよ本格的に日焼け止めを塗る季節になってきました。

 

皆さんは洗顔後どのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

クリームや美容液などの一連のお手入れの後にUVを塗っていますか?

便利な乳液とUVが一緒になったタイプのものや、UV化粧下地を愛用している人も多いようです。

さて、日焼け止めを使うとメイクが崩れやすいという悩みをよく聞きます。ハウトシールドのクリームはそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在です。

肌バリアの要として注目されるラメラ構造。ここに着目した化粧品は多々ありますが、ハウトシールドが画期的なのは、ラメラ構造をクリームで“擬似的に再現”した点なのです!塗るだけで角質内に理想のバリア構造を形成できるこのクリーム技術は、ドイツで特許取得済みです。

 

ハウトシールドのクリームを塗ると肌バリア機能がしっかり整って、その上に重ねる日焼け止めやメイクがのりやすい土台ができるのです。さらには、ハウトシールドのクリームを使うと、肌が水分を自ら抱え込める皮膚環境に育つので肌内部からもっちりします。

 

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間にすき間ができて紫外線が入りこみやすくなり、バリア機能も低下するので紫外線ダメージをより受けやすくなってしまいます。日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには、まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことも大切です。

 

メイク崩れ予防と日焼け止めの効果アップのために、肌のバリア機能を整えて健康な肌を育てるハウトシールドを貴女のスキンケアに取り入れてみてください。

花粉症対策にハウトシールドの鉄壁ケア

花粉症対策にハウトシールドの鉄壁ケア

今まさに日本中を花粉が絶好調で飛散中、花粉症に悩む人たちにはツラい季節ですね(>_<) 

もはや日本人の「国民病」とも言われる花粉症ですが、鼻のかみ過ぎや涙、マスクの摩擦などでお肌の水分と油分がうばわれ、ピリピリ敏感肌が加速する深刻な原因となっています。

そんな時には、外的刺激から肌を守るバリア機能を強化する「ラメラ構造」のハウトシールドのクリームが強い味方です!

 

ハウトシールドのクリームは、ドイツ特許技術OLT製法により、このラメラ構造を美容成分で“再現”しているのが大きな特徴です。肌にピタッとはまる類似構造で、塗ることにより角層の乱れにスピーディになじみ、角層内に理想のバリア構造を形成できる仕組み。

肌バリア機能が低下している時ほど、効果実感がより分かりやすいクリームなのです。

ちなみに、バリア機能が正常に働くためには肌が「潤いで満たされている状態」であることが必須です。

ハウトシールドは、化粧水を使わず基本的にクリーム1本使いの究極のシンプルケア。ただし、従来のオールインワンとは違って、何かを省略したり、役割をまとめた時短目的のクリームではありません。水分を外から与えるよりも、肌が自ら抱え込める皮膚環境に整えるため、その機能をクリームに集約した濃密ケアなのです。

 

夜は肌のターンオーバーを促進し、肌サイクルを正常化するためのナイトクリーム。

日中はバリア機能を強化し、外的刺激から守るためのデイクリーム。

皮膚科学ベースの理にかなった設計のスキンケア、是非ともお試しください。

 

♡田中みな実さんも愛用♡

♡田中みな実さんも愛用♡

ツヤツヤのお肌とプロ顔負けのコスメの審美眼で「みな実売れ」なる言葉が生まれるほど多くの女性から圧倒的に支持されている田中みな実さん。

そんな美容オタクの田中みな実さんが、ハウトシールドを肌が揺らぎそうな時に愛用する「絶大な信頼を寄せているドイツコスメ」「お守りコスメ」「レスキューコスメ」として何度か美容雑誌で紹介してくださっています♡

 

 

メイクの仕上がりの7割は、土台となるスキンケアで決まってきます。

お化粧をする女性なら誰しもが体験している事実ですが、潤い不足だとメイクが決まらず、肌のコンディションが良ければメイクがより美しく見えますよね。

欠点を隠そうとファンデーションをいくら重ねても、肌本来の美しさである潤いやハリは出せません。

メイク力よりも大事なのは素肌力!

スキンケアに投資して土台を整える方が、結果的に肌は美しく見えるということです。

 

また最近は、マスク肌荒れで乾燥が悪化したり、摩擦でバリア機能が低下して敏感肌に悩む女性が増えています。

 

食品用ラップとほぼ同じ0.02mmの極薄な角質層は、水と油で形成されるラメラ構造となっていて、それがバリアとなって水分蒸発や外的刺激を防いでいます。

ハウトシールドは、このラメラ構造を擬似的に再現するクリームの開発に成功。その特許技術(OLT製法)は医薬品にも応用されています。香料や鉱物油、パラベンなど肌の刺激となる可能性のあるものは不使用。

本当に肌に必要な成分だけを黄金比率で組み合わせた「肌ファースト」なクリームです。

負のスパイラルに陥りそうな肌や、エイジングケアしたい敏感肌にもオススメです。