STAFF BLOGs — レチノール

パルミチン酸レチノールで美肌革命を!

パルミチン酸レチノールで美肌革命を!

「もう今更手遅れ」「美肌なんて到底無理」そんな諦めの気持ちにストッパーをかける最後の砦のようなスキンケアがあったら、試してみたいと思いませんか?

近年の「攻めの美容コスメ」には必ずと言って良いほど配合されているレチノールという成分。

レチノールとは、ズバリ「ビタミンA」のこと。

 

 

肌のターンオーバーを正常化させ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すので、アンチエイジングだけでなく、シミやニキビにも効果が期待できる美容成分として評価されています。

よく化粧品には「レチノール」や「パルミチン酸レチノール」という呼び名で配合されていますが、この2つの成分の違いは何でしょう?

パルミチン酸レチノールは、レチノールの安定性を高めるためにパルミチン酸を加えています。

更には、パルミチン酸レチノールは肌への刺激が低いというメリットもあります。

 

 

ハウトシールドのナイトクリームには、この「パルミチン酸レチノール」がたっぷり配合されています。

ちなみに、レチノールを使用し、「レチノール」と呼ぶことで「パルミチン酸レチノール」と区別している商品も多々ありますが、「パルミチン酸レチノール」は、レチノールの懸念点である「肌への刺激」や成分としての「安定性」を改善した成分であり、化粧品に配合する成分として適しているとハウトシールドは考えています。

  • 毛穴の黒ずみ・たるみ改善
  • シミの改善・美白効果
  • しわ・たるみの改善
  • ニキビ・ニキビ跡の改善
  • 目の周り・目元のハリにアプローチ

 

肌には、水分をため込んだり、細胞をきちんと整列させてキメを整える「酵素」があります。しかし、これらの「酵素」は年齢と共にダラけて働かなくなり、その影響で肌のターンオーバーがきちんと出来ずに肌がくすんでくるのが悲しい現実です。そんな時に、レチノールは「ちゃんと働きなさい!」と酵素たちにハッパをかけてくれるのです。

ハウトシールドのナイトクリームには、そんな頼もしい司令塔成分の他に、美白効果のあるナイアシンアミド、保湿効果の高いシアバターとモリンガオイルもたっぷり配合されています。これでもか!というほど贅沢成分がたっぷり入っているので、まさに夜寝ている間に美肌を育ててくれる優秀アイテムです。

最近、何をしても肌が応えてくれない気がするという負のスパイラルに陥った大人肌の悩みに。

 

ハウトシールドのスキンケアは「ヒトの肌の構造は昔からずっと変わらない」という当たり前の事実と、「ヒトの肌を解明し、最大限の結果に導くことがスキンケアの価値である」という開発者の強い信念に基づいています。

ぜひ、ドイツ皮膚科学の心意気を貴女の肌にも届けさせてください。

 

クリームだけど、クリームじゃない?!

クリームだけど、クリームじゃない?!

いよいよ冬本番、室内と外の温度差で肌の表面がベタつくのにカサカサの部分もあったり、大人肌の悩みが尽きない季節になりましたね。

そんな時の頼もしい救世主がハウトシールドのクリーム。化粧水不要のクリームだけのスキンケアを提唱するハウトシールドは、そのクリームの形状に大きな秘密があります。

一般のクリームは油分と水分が分離しないよう乳化剤を使ってクリーム状にしていますが、ハウトシールドのクリームは油分と水分がミルフィーユ状に重なった形状をしています。実はこのラメラ構造をクリームで再現するには極めて高度な技術が必要で、ドイツで技術特許を取得しています。

そして、クリームの構造の違いだけでこんなに違うの?!と驚くほど、全てが違います。ちなみに、ハウトシールドの開発者は30年前からずっと「本来クリームとはこうあるべき!」と唱え続けています。

クリームで疑似角層を形成できるハウトシールドのクリームは、是非とも「クリームの塗り方」にもこだわっていただきたいと思います。とはいえ、難しいことは何もなく、肌に「直塗り」(=指先にクリームを出したら、そのまま塗りたい顔の部分にのせてくるくると指先でのばす)していただければ完璧です。

よく美容のプロが手のひらにクリームを出して両手のひらでクリームを挟んで温めるようにしてから、クリームがなじんだ両手のひらを顔全体にやさしく押し付ける、という方法をとっていますが、肌におくとすぐに「肌化」するハウトシールドではせっかくのクリームが全て手のひらになじんで終わってしまうので、この方法はオススメできません。是非とも効果がマックスで感じられる「直塗り」を推奨いたします。

確かに、界面活性剤で水分と油分を乳化した通常のクリームの場合は、手のひらで温めることで肌になじみやすくなりますが、ハウトシールドのクリームは、クリームの構造自体が既に健康なヒトの肌と同じ構造で出来ているため、すぐに肌になじむ特殊なクリームなのです。

 

驚くほどの肌なじみの良さとしっとり感、まるで肌のように快適にはたらく賢いクリームと形容される所以は、まさにこの疑似角層をクリームで再現したドイツ皮膚科学の技術にあります。

塗るだけで理想の肌バリア構造を形成できるハウトシールドのクリームは、クリームとはいえ、クリームを超えたクリームであり、従来の「クリーム」という認識の中には収まりきらないユニークなクリームなのです。

今までテクスチャー重視のクリームを愛用してきた人には、質実剛健なハウトシールドのスキンケアは目からウロコ級の衝撃だと思いますが、今こそ肌の原点に戻って「正しい保湿」にこだわりませんか?

 

ハウトシールドを使い始めると「水分は外から与えられるものではなく、内側から満たされるもの」であることが自分の肌を通して分かるようになります。

シンプルですが、理にかなったドイツの皮膚科学の力を、是非ともあなたの肌で体感してみてください。

秋の夜長のスキンケア

秋の夜長のスキンケア

 

秋が深まり、肌が乾燥するという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

この時期に肌が乾燥しやすい理由は、冬に向けて空気が乾燥する季節の変わり目の乾燥だけではなく、日差しが強い夏に受けた紫外線の影響で肌バリア機能が低下している可能性があります。

肌バリア機能とは、肌の一番外側の角質層に備わる、紫外線や乾燥、摩擦などの外部刺激から肌を守り、同時に肌の内側から水分を外に逃さない機能のことです。

ハウトシールドは、35年以上肌の健康を追究しているドイツ皮膚科学者がたどり着いた、疑似角層をクリームで再現したシンプルかつロジカルなスキンケアです。

塗るだけで、理想の肌バリア構造を形成できるクリーム技術なので、化粧水なしでも肌がみずみずしくもちもちに。

 

ハウトシールドのクリームは、まるで自分の肌のようにはたらいて、肌バリア機能の再生を促します。

肌バリア機能が整っていると、肌が自ら水分を抱えこんで保持することができます。表面だけを一時的にうるおわすのではなく、内部の水分量が増えるので、肌が内側からふっくらします。

秋の夜長にスキンケア♡と言いつつもハウトシールドのスキンケアはクリーム1本で完了してしまうので時間はかかりません。

 

夜専用のナイトクリームをたっぷり塗って夜間に活性化する肌再生スイッチをオン!した後は、読書なり、ネトフリ鑑賞なり、ストレッチ体操なり、のんびりと自分の好きなことをして過ごしてください。

万が一、図らずとも夜更かししてしまった場合も心配無用!ナイトクリームにはレチノールがたっぷり配合されているので、翌朝には寝不足を全く感じさせない弾力肌が待っています。朝を迎えるたびに肌力が改善して、ツヤと弾力が増していく自分の肌にテンションが上がること間違いなしです。

乾燥ジワが気になる方には、セラムの兼用をオススメしています。

塗ることで疑似角層をまとって肌バリアを整えるのがクリームの役目なら、セラムはバリア機能を壊さずにナノサイズの玉ネギ状の多重層カプセルがジワジワと肌の奥深くまで栄養(=美容成分)を届ける役目を果たします。

この秋、ハウトシールドで睡眠と美肌の関係を形にしたスキンケアを試してみませんか。

肌バリアを制する者は美肌を制す!

肌バリアを制する者は美肌を制す!

歳を重ねても美しい肌でいたいというのは、女性なら誰もが思うこと。

だから、洗顔料は天然由来成分のものにこだわって、化粧水はヒアルロン酸入りのものをバシャバシャ浸透させて、ヒト幹細胞の美容液と高価な美白パックを欠かさない。クチコミで良いと言われている最新の化粧品を検索して、ついあれこれ買ってしまう。

そうやって、同時にいくつもの化粧品を試してみるものの、どれに効果があったのか結局あまりよく分からない・・・というか、本当に効果があるものなんてあるのだろうか?そもそも、こんなに色々な化粧品をつけているのにどうして肌が綺麗にならないの?・・・こんな悩みを抱えている方、いらっしゃいませんか?

 

ところで、よくある化粧品のキャッチコピーの「肌の奥まで浸透する」の「奥」とは、どこだと思いますか?

答えは「角質層」です。では、この「角質層」が一体どれくらい「肌の奥」にあるかというと、実は、、、肌の一番表面にあるのが「角質層」なのです!

「角質層まで浸透する」と聞くと、なんだか肌のものすごく奥まで届いて効果があるような印象を受けますが、角質層というのは、肌表面の厚さ0.01から0.03ミリの部分を指します。一番外側にあるので、もちろん見た目の美しさを左右することは間違いありません。ただ、「角質層」とは、死んだ細胞からつくられており、新しい肌が出来るタイミングで垢となって剥がれ落ちます。

 

多くの人が、この0.01から0.03ミリの死んだ細胞の表面をうるおわせるために化粧水をバシャバシャ使っているわけですが、果たしてそれがどれくらい美肌に効果があるのか?ということです。

それよりも、本来の肌の最大の役割である「からだを守ること」の1つである「水分の喪失や刺激物質の侵入を防ぐ」に焦点を当て、肌のバリア機能をしっかり維持させる方が美肌への近道です。

人間のからだは半分以上が水分ですから、からだの中にある水分を外に逃さなければ肌は自然と内側からうるおうものです。

まさに、その「からだから水分を逃さない」機能が肌バリアなのです。

角質層の厚さは平均0.02ミリしかありませんが、健全であれば同じ厚さのプラスチック膜と同じくらい、水分を通しにくい性質があります。

 

実は、美肌を実現させるのは難しいことではありません。色々な化粧品を使わずにシンプルなスキンケアで、美しい肌を手に入れることは充分に可能です。

大事なのは、正常な肌バリア機能を邪魔しないこと。化粧品を浸透させるのではなく、バリアとなる皮脂を補強するような化粧品を意識して選ぶことです。

ハウトシールドは、まるで自分の肌のようにはたらいて、肌バリアを修復して維持させるクリームです。

肌の自己再生力がよみがえり、自分の肌に自信が持てるようになります。

ドイツ皮膚科学の力を、今度は貴女の肌で試してみませんか。

この夏、芥屋でやりたい6つのこと

この夏、芥屋でやりたい6つのこと

 

ハウトシールドの本社は、福岡県の最西部に位置する糸島市にあります。

この夏、芥屋でやりたい6つのこと、まず最初は芥屋で海水浴。ちなみに芥屋は「けや」と読みます(^_−)−☆

本社ビルの窓から見渡せる真っ青な海は、日本の水浴場88選の1つに選ばれている波が穏やかな芥屋の海水浴場。

毎年このシーズンになると、この玄海国定公園内のビーチを訪れる家族連れや若者たちで大賑わい。

また、糸島の代表的な観光地として有名な国指定天然記念物の「芥屋の大門」もオフィスのすぐ近くにあります。芥屋の大門は糸島の強い波による侵食によって形成された日本最大の玄武岩洞で、高さは64メートルあり、奥行きは90メートルもある洞窟で、遊覧船で中に入ることもできます。

 

芥屋の大門公園には、誰が名付けたのかジブリのような世界観の「トトロの森」と呼ばれる茂みがあります。言われてみると確かに似ててワクワクします。

オフィスから車で2分の距離にあるイタリアンジェラートのロイターマーケットは、オーガニック食材を使った甘さ控えめ絶品ジェラートが楽しめます。

目印は銀色に光る丸っこいキャンピングカー。

チョコ、ミルク、抹茶、キャラメル、糸島塩、マンゴー、黒ごま・・・どれも美味しいので選べなくて散々悩むのは毎回お約束です(笑)

また、オフィスから徒歩3分の距離にある「磯の屋」では、鮮度の高い魚介料理が食べられます。窓の外に広がる青い空と玄界灘を眺めながら食べる海鮮丼は最高ですよ。人気メニューはあら炊き定食ですが、鯛茶漬けもオススメです♡

真っ青な海で海水浴、芥屋の大門、トトロの森、ジェラート、海の幸を堪能、と芥屋の夏を存分に楽しんだら、いよいよ最後6つめは「火照ったお肌にやさしいハウトシールドのラメラクリームを体験してしっとり美肌になる!」です。

ハウトシールド本社の芥屋オフィスですが、平日の9時から18時の間にお越しいただければ、ハウトシールドの商品を購入できます。(お支払いは現金のみ^^)社員一同、お客様にお会いできるのを楽しみにしております。