STAFF BLOGs — 田中みな実さん愛用

効果のない化粧品は要らない!という貴女へ

効果のない化粧品は要らない!という貴女へ

皆さまが基礎化粧品を選ぶ時の基準は何でしょうか?

肌の綺麗な友人の口コミ?憧れの美容家が勧めていたから?有名ブランドで何となく安心だから? 

では、そうやって選んだ化粧品を実際に使ってみて、いかがでしたか?

期待を裏切らない使用感に満足して、今もずっと同じ基礎化粧品を使い続けていますか?

 

・・・残念ながら、ほとんどの女性が「何十年も色々なスキンケア化粧品を試し続けてきたけれど、どれも可もなく不可もない感じで、今もまだ“これだ!”というファイナルアンサーに出会えていない」という多少の諦めの念を抱いているのが悲しい事実です。

そんな悩める女性の肌に、心強いレスキューとして活躍するのがハウトシールドのクリームなのです!

何よりも、ハウトシールドのリピーターさん達に愛用する理由を聞いたところ、皆さま異口同音に「今まで使ったどの化粧品よりも効果を実感できたから!」とおっしゃるところに一番の説得力があると思いませんか?

 

ハウトシールドを使うと肌がどう変化するのか実際のデータをご覧いただくと一目瞭然です。

肌のバリア機能を整えるのが美肌への一番の近道なのは、肌が水分を自ら保持できるようになるからです。

ハウトシールドを使うと、肌の表面だけではなく内部の水分量が増えて、肌が内側からふっくらみずみずしく、何よりもお肌が柔らかくなります。

水分が足りない肌はゴワゴワしていますが、水分たっぷりの肌はふっくら柔らかいのが特徴です。

 

さらに、セラムを兼用すると、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促す酵素がたっぷり配合されているのでお肌に弾力が生まれます。

例えば、ベッドのマットレスも、ふわふわ柔らかいだけだと体が沈んでしんどくなりますが、スプリングがしっかり効いているとバネが体をしっかり支えてくれますよね。お肌も同じこと。柔らかいだけだと、シワが深くなるのですが、肌にハリを与えるエラスチンやヒアルロン酸がしっかりはたらいていると、弾力のある肌になります。

EQクリームとナイトクリームで肌バリア機能を整えて、セラムで肌に栄養をたっぷり与えると、3週間でもっちり美肌に生まれ変わります。

いつから始めても遅くありません、ぜひ貴女もハウトシールドで自分の肌が生まれ変わる瞬間を体感してください☆

 

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

全国的にそろそろ長雨の続く梅雨の季節になってきましたね。

湿度が高くなると肌のベタつきが気になったり、一方でエアコンをつけすぎると肌の乾燥に悩まされたり、この季節はお肌の不調が出やすい時期です。

ところで、皆さまの肌は乾燥肌ですか?脂性肌ですか?それとも部分的にオイリーとドライな混合肌?

実は、大人の女性で、「私の肌は乾燥肌ではありません、オイリーだから」というほとんどの方が「インナードライ肌」である可能性が高いことをご存知でしょうか?

インナードライとは、肌表面の皮脂のベタつきで一見オイリー肌に見えるのに、角層の中(インナー)は水分不足で乾燥している(ドライ)から「インナードライ」といわれる肌質です。

その一方で、脂性肌(=オイリー肌)は油分も水分も多い状態で、うるおいや弾力はあっても油っぽくてベタつく10〜20代に多い肌質のことを指します。肌は、内側の水分が足りないと皮脂を外に出して膜をつくってうるおいを保とうと頑張る性質があるので、「私、脂性肌なの」という人で本当に脂性肌だった人は意外と少ないのです。

特に年齢が上がると、長年「脂性肌だから」と思い込みでしてきたスキンケアで肌がずっと水分不足状態で、その結果、肌が硬くなり毛穴も目立ち、ファンデーションが崩れやすく、夕方になると肌がくすみやすいという悩みのオンパレードになってしまったのが「インナードライ」です。

 

・Tゾーンはベタつくのに頬や口まわりはカサつく

・うるおって見えるのにメイクノリが悪い

・あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる

・毛穴が目立つ

・ニキビケアを続けているのに治らない

もし、こんな症状でお悩みなら、貴女の肌はインナードライ肌なのかも?

インナードライ肌とは、内側がカラカラ、外側がベタベタで、水分と油分のバランスが崩れて、バリア機能が低下している状態。

バリア機能が低下すると、肌の保水力が落ちるので水分が蒸発。その蒸発を防ごうと、過剰に皮脂を分泌させて皮脂膜で覆ってしまいます。皮脂膜は健やかな肌にも存在しますが、インナードライは過剰な皮脂量。だからベタベタなオイリー肌だと勘違いしてしまうのです。

 

肌バリア機能を正常化させ、肌が水分をしっかり貯められるよう水分保持力をアップさせるのがハウトシールドのスキンケアです。

健康な人の肌と同じ構造を擬似した肌なじみの良いクリームが肌バリアの欠けた部分を修復しながら、本来の肌力を最大限に引き出してくれるドイツ生まれのサイエンスコスメ。

ナイトクリームが肌のターンオーバーを促進し、内側からふっくらうるおう肌へと育てます。

EQクリームは肌バリアを守り、内側から水分が逃げないように夜までしっとりツヤツヤの肌を持続させます。

今こそ、「オイリーだからクリームは要らない」という長年の思い込みを断ち切り、水分不足で内側がカラカラになっている肌をレスキューする時です!

決して遅すぎることはありません、クリームを使うとベタつく、という偏見を覆すハウトシールドの使い心地とその威力を是非とも貴女の肌で試してみてください。

☆福岡岩田屋定番コレクションに出店中☆

☆福岡岩田屋定番コレクションに出店中☆

去年の10月に続いて、本日から6日間、福岡岩田屋の定番コレクションPART1に出店しております。

■5月18日(水)〜5月23日(月)福岡岩田屋本館7階 大催事場■

今回は、クリームと美容液ともに組み合わせ自由で2本お買い上げの場合は5%オフ、3本以上お買い上げの場合は10%オフという特別価格でご案内していますので、どうぞお立ち寄りください!

ハウトシールドチーム一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!

目からウロコの正しい保湿とは

目からウロコの正しい保湿とは

肌を保湿するために「化粧水が本当に必要かどうか?」は、皮膚科医でさえ意見が分かれています。

「そもそも化粧水は浸透しないし保湿できないから不要!」と「日本人の肌には化粧水が必要!」と賛否両論ですが、化粧水にも様々な種類があるので一概に浸透するしない、保湿できるできない、とも言えないのが悩ましい状況です。

 

ただ、日常生活でふと疑問に思うことはあります。

化粧水をたっぷりバシャバシャ何度もお肌に入れると保湿される、と信じている日本人女性の多いこと。

しかし、お風呂に浸かっていて、お湯がどんどん浸透してくることはないですよね。

朝の洗顔でも、洗顔の水が肌にぐんぐん浸透してくることもない・・・ですよね。

それは、本来の肌の性質が水分をはじくからであり、むしろこの水分のはじき具合が肌の若々しさと潤いを測る基準にもなっています。

 この水分をはじく仕事をしている肌に、水分をたっぷり浸透させようと化粧水を繰り返しつける・・・なんだか矛盾していませんか?

 

 水は浸透しないのに、どうして化粧水は浸透することになっているの?と考え始めたら、そもそも浸透すること自体が良いことなのか?それより何の成分をどのように浸透させることの方が重要なのでは?と気になり始めたり・・・

もし、肌を守るバリア機能を壊して美容成分が浸透してくるのであれば、壊されたバリアから他の悪いものも入ってくるだろうし、内側の水分も出て行ってしまうだろうし・・・ですよね?

 

美しい肌を育てるには、肌バリアの働きと水分を保つ働きがしっかり機能するように角質層の健康を保つことが大切です。

実は、水分は外から与えられるのではなく、内側から満たされるものなのです!

それは、肌の奥で水分が作られる、その水分の蒸発を肌バリアがしっかり防げている、この状態こそが本当に「保湿」されている肌の状態です。

 

肌バリア機能を正常化させる=肌の仕組みに寄り添った保湿、なのです。

ハウトシールドのクリームを塗ると、肌を“密閉”して守っている間に、美肌成分を中で活性化させて、細胞を生み出しやすい肌に育てていくことができます。こうして肌バリア機能を立て直すことで、自らしっかり水分を貯えられて「正しい保湿」ができる肌に変わっていくのを実感できます。

ぜひ、貴女も肌を育む喜びを教えてくれる機能派クリームのハウトシールドで、自分の肌と向き合ってみてください。

 

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

日焼け止め対策に欠かせない肌の保湿力

桜も咲き始めて春爛漫。日中は気温も上がって汗ばむ陽気の日もありますね。

いよいよ本格的に日焼け止めを塗る季節になってきました。

 

皆さんは洗顔後どのタイミングで日焼け止めを塗っていますか?

クリームや美容液などの一連のお手入れの後にUVを塗っていますか?

便利な乳液とUVが一緒になったタイプのものや、UV化粧下地を愛用している人も多いようです。

さて、日焼け止めを使うとメイクが崩れやすいという悩みをよく聞きます。ハウトシールドのクリームはそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在です。

肌バリアの要として注目されるラメラ構造。ここに着目した化粧品は多々ありますが、ハウトシールドが画期的なのは、ラメラ構造をクリームで“擬似的に再現”した点なのです!塗るだけで角質内に理想のバリア構造を形成できるこのクリーム技術は、ドイツで特許取得済みです。

 

ハウトシールドのクリームを塗ると肌バリア機能がしっかり整って、その上に重ねる日焼け止めやメイクがのりやすい土台ができるのです。さらには、ハウトシールドのクリームを使うと、肌が水分を自ら抱え込める皮膚環境に育つので肌内部からもっちりします。

 

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間にすき間ができて紫外線が入りこみやすくなり、バリア機能も低下するので紫外線ダメージをより受けやすくなってしまいます。日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには、まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことも大切です。

 

メイク崩れ予防と日焼け止めの効果アップのために、肌のバリア機能を整えて健康な肌を育てるハウトシールドを貴女のスキンケアに取り入れてみてください。