夏季休暇中の配送とお問い合わせ対応について

STAFF BLOGs — 皮膚科学

この夏、芥屋でやりたい6つのこと!

この夏、芥屋でやりたい6つのこと!

 

ハウトシールドの本社は、福岡県の最西部に位置する糸島市にあります。

この夏、芥屋でやりたい6つのこと、まず最初は芥屋で海水浴。ちなみに芥屋は「けや」と読みます(^_−)−☆

本社ビルの窓から見渡せる真っ青な海は、日本の水浴場88選の1つに選ばれている波が穏やかな芥屋の海水浴場。

毎年このシーズンになると、この玄海国定公園内のビーチを訪れる家族連れや若者たちで大賑わい。

また、糸島の代表的な観光地として有名な国指定天然記念物の「芥屋の大門」もオフィスのすぐ近くにあります。芥屋の大門は糸島の強い波による侵食によって形成された日本最大の玄武岩洞で、高さは64メートルあり、奥行きは90メートルもある洞窟で、遊覧船で中に入ることもできます。

 

芥屋の大門公園には、誰が名付けたのかジブリのような世界観の「トトロの森」と呼ばれる茂みがあります。言われてみると確かに似ててワクワクします。

オフィスから車で2分の距離にあるイタリアンジェラートのロイターマーケットは、オーガニック食材を使った甘さ控えめ絶品ジェラートが楽しめます。

目印は銀色に光る丸っこいキャンピングカー。

チョコ、ミルク、抹茶、キャラメル、糸島塩、マンゴー、黒ごま・・・どれも美味しいので選べなくて散々悩むのは毎回お約束です(笑)

また、オフィスから徒歩3分の距離にある「磯の屋」では、鮮度の高い魚介料理が食べられます。窓の外に広がる青い空と玄界灘を眺めながら食べる海鮮丼は最高ですよ。人気メニューはあら炊き定食ですが、鯛茶漬けもオススメです♡

真っ青な海で海水浴、芥屋の大門、トトロの森、ジェラート、海の幸を堪能、と芥屋の夏を存分に楽しんだら、いよいよ最後6つめは「火照ったお肌にやさしいハウトシールドのラメラクリームを体験してしっとり美肌になる!」です。

ハウトシールド本社の芥屋オフィスですが、平日の9時から18時の間にお越しいただければ、ハウトシールドの商品を購入できます。(お支払いは現金のみ^^)社員一同、お客様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

夏の肌こそ、クリームを!

夏の肌こそ、クリームを!

いよいよ夏本番、太陽ギラギラの猛暑に近づいてきましたが、皆さまお肌の調子はいかがですか?

ところで、老化の原因の「約80%」が紫外線からの影響(=光老化)だと言う事実をご存知でしょうか?

 

3月〜10月の春から秋にかけては紫外線が強く降り注ぐ時期。 特に7月〜8月は外に出た途端に強い紫外線に肌がジリジリ焼けるような刺激を感じますよね。 この時期にはSPF、PA値の高い日焼け止めをしっかり塗って、紫外線ダメージから肌を守ることが大切です。

ご存知のように、日焼け止めの主成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

「紫外線吸収剤」の方は、水分を吸収するかのように紫外線を吸収するスポンジを肌にのせているイメージ。その「スポンジ」が化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

 一方で、「紫外線散乱剤」は、散乱剤 (パウダー)がベールのように肌を均一に覆って、物理的な仕組みで紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。

 

散乱剤と比較すると、吸収剤の方がベールよりもスポンジの方が紫外線を透過させない力があるように、UV効果が高くなります。対して、散乱剤は、ベールの方がふんわり肌を守るように、肌への負担が軽くなる傾向があります。

吸収剤は、肌馴染みも良くて紫外線ブロック効果が高いのですが、肌の上で化学反応が起こるため、肌にチクチクした刺激を感じたり、敏感肌は赤みや湿疹が出る場合があります。

その一方で、散乱剤は肌への負担は軽いけれど、白浮きしやすく、またパウダーが肌の表面の水分を奪って肌が乾燥しやすいと感じる場合があります。

紫外線から肌を守るために日焼け止めは絶対に欠かせないアイテムですが、吸収剤も散乱剤も「日焼け止めクリームは肌に刺激を与える」と不安を感じている人が多いのも事実です。

 

そんな時に使って欲しいのがハウトシールドのEQクリームです。

健康な人の肌と同じ構造で出来ているクリームなので、驚くほど肌なじみが良く、するするのびるのにベタつかず、ダメージを受けたバリア機能を修復してくれます。

まるで自分の肌のように機能するクリームなので、EQクリームを塗った上から日焼け止めを塗ると、日焼け止め独特の肌がチクチクしたり乾燥したりする不快感がありません!

 

更には、EQクリームがバリア機能をしっかり保護してくれるので、日焼け止めやメークが汗で崩れにくくなります。

実は、夏は紫外線が強く、汗が蒸発して肌から水分が奪われる過酷な環境にあるので、冬と同じくらい肌深部が乾燥しやすいのです。

 夏場にクリームを使うとベタベタするから嫌だ、と敬遠される方が多いですが、ハウトシールドのクリームはベタつきません。

 

夏の肌こそ、保湿が命です!

是非ともハウトシールドで夏バテ知らずのぷるぷる潤い美肌をキープしてください♡

効果のない化粧品は要らない!という貴女へ

効果のない化粧品は要らない!という貴女へ

皆さまが基礎化粧品を選ぶ時の基準は何でしょうか?

肌の綺麗な友人の口コミ?憧れの美容家が勧めていたから?有名ブランドで何となく安心だから? 

では、そうやって選んだ化粧品を実際に使ってみて、いかがでしたか?

期待を裏切らない使用感に満足して、今もずっと同じ基礎化粧品を使い続けていますか?

 

・・・残念ながら、ほとんどの女性が「何十年も色々なスキンケア化粧品を試し続けてきたけれど、どれも可もなく不可もない感じで、今もまだ“これだ!”というファイナルアンサーに出会えていない」という多少の諦めの念を抱いているのが悲しい事実です。

そんな悩める女性の肌に、心強いレスキューとして活躍するのがハウトシールドのクリームなのです!

何よりも、ハウトシールドのリピーターさん達に愛用する理由を聞いたところ、皆さま異口同音に「今まで使ったどの化粧品よりも効果を実感できたから!」とおっしゃるところに一番の説得力があると思いませんか?

 

ハウトシールドを使うと肌がどう変化するのか実際のデータをご覧いただくと一目瞭然です。

肌のバリア機能を整えるのが美肌への一番の近道なのは、肌が水分を自ら保持できるようになるからです。

ハウトシールドを使うと、肌の表面だけではなく内部の水分量が増えて、肌が内側からふっくらみずみずしく、何よりもお肌が柔らかくなります。

水分が足りない肌はゴワゴワしていますが、水分たっぷりの肌はふっくら柔らかいのが特徴です。

 

さらに、セラムを兼用すると、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促す酵素がたっぷり配合されているのでお肌に弾力が生まれます。

例えば、ベッドのマットレスも、ふわふわ柔らかいだけだと体が沈んでしんどくなりますが、スプリングがしっかり効いているとバネが体をしっかり支えてくれますよね。お肌も同じこと。柔らかいだけだと、シワが深くなるのですが、肌にハリを与えるエラスチンやヒアルロン酸がしっかりはたらいていると、弾力のある肌になります。

EQクリームとナイトクリームで肌バリア機能を整えて、セラムで肌に栄養をたっぷり与えると、3週間でもっちり美肌に生まれ変わります。

いつから始めても遅くありません、ぜひ貴女もハウトシールドで自分の肌が生まれ変わる瞬間を体感してください☆

 

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

その肌、脂性肌ではなく、インナードライ肌!

全国的にそろそろ長雨の続く梅雨の季節になってきましたね。

湿度が高くなると肌のベタつきが気になったり、一方でエアコンをつけすぎると肌の乾燥に悩まされたり、この季節はお肌の不調が出やすい時期です。

ところで、皆さまの肌は乾燥肌ですか?脂性肌ですか?それとも部分的にオイリーとドライな混合肌?

実は、大人の女性で、「私の肌は乾燥肌ではありません、オイリーだから」というほとんどの方が「インナードライ肌」である可能性が高いことをご存知でしょうか?

インナードライとは、肌表面の皮脂のベタつきで一見オイリー肌に見えるのに、角層の中(インナー)は水分不足で乾燥している(ドライ)から「インナードライ」といわれる肌質です。

その一方で、脂性肌(=オイリー肌)は油分も水分も多い状態で、うるおいや弾力はあっても油っぽくてベタつく10〜20代に多い肌質のことを指します。肌は、内側の水分が足りないと皮脂を外に出して膜をつくってうるおいを保とうと頑張る性質があるので、「私、脂性肌なの」という人で本当に脂性肌だった人は意外と少ないのです。

特に年齢が上がると、長年「脂性肌だから」と思い込みでしてきたスキンケアで肌がずっと水分不足状態で、その結果、肌が硬くなり毛穴も目立ち、ファンデーションが崩れやすく、夕方になると肌がくすみやすいという悩みのオンパレードになってしまったのが「インナードライ」です。

 

・Tゾーンはベタつくのに頬や口まわりはカサつく

・うるおって見えるのにメイクノリが悪い

・あぶらとり紙でこまめに拭いているのにテカる

・毛穴が目立つ

・ニキビケアを続けているのに治らない

もし、こんな症状でお悩みなら、貴女の肌はインナードライ肌なのかも?

インナードライ肌とは、内側がカラカラ、外側がベタベタで、水分と油分のバランスが崩れて、バリア機能が低下している状態。

バリア機能が低下すると、肌の保水力が落ちるので水分が蒸発。その蒸発を防ごうと、過剰に皮脂を分泌させて皮脂膜で覆ってしまいます。皮脂膜は健やかな肌にも存在しますが、インナードライは過剰な皮脂量。だからベタベタなオイリー肌だと勘違いしてしまうのです。

 

肌バリア機能を正常化させ、肌が水分をしっかり貯められるよう水分保持力をアップさせるのがハウトシールドのスキンケアです。

健康な人の肌と同じ構造を擬似した肌なじみの良いクリームが肌バリアの欠けた部分を修復しながら、本来の肌力を最大限に引き出してくれるドイツ生まれのサイエンスコスメ。

ナイトクリームが肌のターンオーバーを促進し、内側からふっくらうるおう肌へと育てます。

EQクリームは肌バリアを守り、内側から水分が逃げないように夜までしっとりツヤツヤの肌を持続させます。

今こそ、「オイリーだからクリームは要らない」という長年の思い込みを断ち切り、水分不足で内側がカラカラになっている肌をレスキューする時です!

決して遅すぎることはありません、クリームを使うとベタつく、という偏見を覆すハウトシールドの使い心地とその威力を是非とも貴女の肌で試してみてください。

目指すはマスクを外しても美人♡

目指すはマスクを外しても美人♡

おかげさまで岩田屋の定番コレクションも無事に終了いたしました。

ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。

リピーターのお客様との感動の再会にスタッフ一同テンションが上がりました☆

ところで、今回お客様の声で一番多く聞いたのが「目元のしわを何とかしたい!」でした。やっぱり、ですよね。

このご時世、どこ行ってもマスク。マスクから見える唯一のパーツである目元が全ての印象を左右すると言っても過言ではありません。

現に「マスク美人」という実に残酷で失礼な言葉まで出てきているくらいですからね。

マスクをしていて美人だな♡イケメンだな♡と感じるのは、マスクをしていることで「期待寄せ理論」が働くから、だそうです。

顔の下の見えない部分を、自分の好きなように勝手に想像して脳の中で補正して期待してしまうらしい。

その結果、実際マスクを外してみると、自分のイメージしていた綺麗な顔と違う、と感じてしまう自分勝手で迷惑極まりない妄想ですね。

 

理想は、マスクをしていても美人、外しても美人!(当たり前)ですが、そのためには、やはり目元の印象が美人ポイントです。目が綺麗であることや、アイメイクが上手であることも大切ですが、それよりもまず目元の肌にハリがあってみずみずしいことが大前提です。

 

そんなお悩みを解決する頼もしいアイテムがハウトシールドのリンクルセラムです。

リンクルセラムは、肌の深層まで10種類以上のアミノ酸などの美容成分を届けるために高浸透カプセル技術を駆使しています。

それはまるでタマネギの皮が剥けるように、ゆっくりと必要な箇所に必要な美容成分を徐々に届けていくナノサイズの極小カプセルだからこそ成せる技です。

アーユルヴェーダで「最も重要な若返りのハーブ」と呼ばれている高い抗酸化作用のある「マデカッソシド」(別名:ツボクサエキス)がたっぷり配合されているので、シミやくすみの改善に効果が期待できて美白作用もあります。

目元はもちろんのこと、ほうれい線や口周りの梅干しジワにも顔全体にも(!)お使いいただけます。

首のシワが薄くなってふっくらした!という嬉しい声が届いている実力派の美容液です。

 

ハウトシールドのリンクルセラムでお手入れをして、マスクを外して残念、ではなく、マスクを外しても美人!を目指したいですね☆