STAFF BLOGs — ドイツコスメ

肌バリア強化で花粉症も怖くない

肌バリア強化で花粉症も怖くない

春や秋になると肌が荒れる、肌が乾燥してカサカサになる、化粧のノリが悪くなる、という悩みを抱えている方って意外と多いのでは?

花粉症といえば、春と秋のイメージがありますが、実は花粉は1年中飛散しているので人によっては季節を問わず肌荒れなどの症状に悩まされている人も少なくないようです。

花粉症の症状として代表的なのは目元のかゆみや鼻水、のどの炎症などが挙げられますが、近年では「肌荒れ」の症状を訴える人も増えてきています。

花粉の飛ぶ量が増える季節はアレルゲンの絶対量が多くなるため、肌が刺激を受けやすく、敏感になって肌荒れや炎症を起こしがち。

肌の最も表面にある角質層には、外からの刺激を「バリア」する働きがあります。角質というと、肌を硬くするイメージがあり、取り除いたほうがよいと思われがちですが、角質層が脆弱になると、バリア機能も低下し、アレルギー反応を起こしやすくなるのです。

ハウトシールドは、角質層=肌バリア機能を正常化することに注力しているスキンケアです。

ハウトシールドのクリームは、ドイツ特許技術OLT製法により、このラメラ構造を美容成分で“再現”しているのが大きな特徴です。肌にピタッとはまる類似構造で、塗ることにより角層の乱れにスピーディになじみ、角層内に理想のバリア構造を形成できる仕組み。

肌バリア機能が低下している時ほど、効果実感がより分かりやすいクリームなのです。

ハウトシールドは、化粧水を使わず基本的にクリーム1本使いの究極のシンプルケア。ただし、従来のオールインワンとは違って、何かを省略したり、役割をまとめた時短目的のクリームではありません。水分を外から与えるよりも、肌が自ら抱え込める皮膚環境に整えるため、その機能をクリームに集約した濃密ケアなのです。

今まで何をやっても肌が応えてくれない負のスパイラルに陥った肌や、エイジングケアしたい敏感肌にもオススメです。

いつから始めても遅くありません。

ぜひハウトシールドで自分の肌が生まれ変わる瞬間を体感してください。

洗顔を変えたら肌が変わる

洗顔を変えたら肌が変わる

洗顔は美肌作りの基本と言われています。

洗顔はメイクや汚れをしっかり落として肌を清潔にしたい。せっかくなら毛穴汚れまでしっかり落としたい。

しかし「洗いすぎ」という肌のピンチに気づけず、皮脂まで削ぎ落とされてしまった肌が過剰に脂を出して吹き出物をつくる、また過剰な皮脂によって毛穴が広がり気になる、という負のループから抜け出せなくなったら厄介です。

本来、健康な肌とは、水分と油分のバランスが整っている状態で、なめらかな天然皮脂膜(=肌バリア)で覆われてしっとりみずみずしい肌のことを言います。

 

強い洗浄力の洗顔料を使ってゴシゴシ洗うと、肌の表面が削れて肌バリアが破壊されてしまうので、そこから乾燥やくすみ、毛穴の開きや黒ずみ、シミ、しわ、たるみなどの肌の悩みオンパレードの原因となってしまいます。

肌が乾燥してしまうのは、水分だけではなく油分も不足しているから。

ハウトシールドの提案するクレンジングと洗顔は「洗いすぎないこと」=肌を守るバリアまで壊さないこと!

肌バリアをしっかり守りながらメイクや皮脂汚れをしっかり落とす優しく頼もしい洗顔方法です。

肌バリア研究から生まれた「ラメラディフェンスクレンジングミルク」と「ラメラバリアバランシングフォーム」は、強い界面活性剤や乳化剤を一切使わずに、「汚れだけ」をしっかり落とし、肌環境を乱さないことにこだわり抜いた弱酸性。

クレンジングミルクは、ナノレベルの極小粒子で作られており、洗浄しながら同時に肌の水分と油分のバランスを整えることができます。洗顔フォームは科学的に実証された皮膚刺激の少ない3種の天然系界面活性剤を厳選し、これらの組み合わせと比率を工夫して、潤いは逃さず肌に不要な汚れだけをスッキリ落とすことを実現しました。

肌の水分を保持するために必要な油分まで洗い流してしまう心配がないので、洗い上がりの肌がビックリするほどしっとり、ふっくらします。

洗うたびに肌の水分と油分が整っていく感覚。ハウトシールドならそんな新しい洗顔体験が可能です。

 

もう慌てて化粧水やクリームを塗りたくらなくても、自然の皮脂膜で肌が潤っているのでガビガビに乾燥しません。

これからは洗顔で皮脂膜を削ぎ落とすことはせずに、洗うたびに水分と皮脂のバランスが整っていく「新しい攻めの洗顔」を始めませんか?

知る人ぞ知る界面活性剤のヒミツ

知る人ぞ知る界面活性剤のヒミツ

洗顔料を選ぶ時は何を重視していますか?

肌の悩みに合わせて選んだり、成分を見て選んだり。

女性なら誰しも肌のコンディションが良くなるものを選びたいと思いますよね。

でも、自分が今使っているものが果たして肌に良いのか、どれくらいの効果を期待するべきなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

乾燥が気になるので洗い上がりしっとり系を選んでいるけれど、汚れがきちんと落ちているのか不安。

毛穴対策で洗い上がりさっぱり系を使っているけれど、今度は洗いすぎで肌バリアを壊しているのでは?と心配。

 

肌に付着した汚れや、酸化した余分な皮脂をしっかり洗い流すことはスキンケアの肝要。

そのためには洗浄成分(=界面活性剤)が欠かせないのですが、その一方で肌バリアを壊すリスクが一番高いのもこの「洗浄成分」なのです。 

実は「モコモコの泡で肌への摩擦レス洗顔」と謳っている洗顔料の中には、クリーミーでリッチな泡を作り出すために肌バリアに悪影響を与えかねない強い洗浄成分が使われていることが少なくありません。「やさしく洗う」はずが、結果的に肌バリアを壊していたら「やさしく」ないどころか、ダメージを与える残念なことに。

さらには、こうして肌の潤いを守るための皮脂(=肌バリア)を根こそぎ洗い流してカピカピにつっぱった肌に化粧水をバシャバシャ使うと「化粧水が浸透して潤いが実感できる!」という声を聞きますが、これは洗顔料で荒らした肌に化粧水やクリームを塗るという本末転倒な負のループなので、いつまでたっても肌が自ら水分を保持する機能が育ちません。

「え?!私の洗顔料は大丈夫かしら?」と心配になった方は、お使いの洗顔料の泡を肌につけたまま1分ほど放置してみてください。もし、ピリピリと肌に違和感を感じる場合は要注意です。肌に刺激のある界面活性剤が含まれている可能性があります。

 

ハウトシールドは、肌のバリア機能の正常化を医療品発想でとことん追求したスキンケアブランドです。

そんなハウトシールドの洗顔料、ラメラディフェンスバランシングフォームは、乾燥でお悩みの肌も、毛穴が気になる肌も、汚れだけをやさしく落として肌バリアである皮脂は守って残すので、洗う度にスキンケアができる逸品です。

 

言わずもがな、洗顔料において最も重要な成分は「洗浄成分」です。ラメラディフェンスバランシングフォームは、以下の3種類の洗浄成分を配合しています。

・ヤシ油アルキルグルコシド(https://cosmetic-ingredients.org/surfactants-cleansing-agents/7457/

・スルホコハク酸ラウレス2Nahttps://cosmetic-ingredients.org/surfactants-cleansing-agents/901/

・ココアンホ酢酸Nahttps://cosmetic-ingredients.org/surfactant/%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%9b%e9%85%a2%e9%85%b8na%e3%81%a8%e3%81%af%e6%88%90%e5%88%86%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a8%e6%af%92%e6%80%a7%e3%82%92%e8%a7%a3%e8%aa%ac/

 

(科学的な原料情報のURLを添付していますので、ご興味のある方は是非ともググってみてください^^)

 

数多くの洗浄成分がある中で、ハウトシールドが上記の3種の成分を選んだ理由は以下です。

  • 肌への安全性(=肌バリアを乱さない、肌のタンパク質を溶かさない、肌に刺激を与えない)が科学的に実証されている成分であること。
  • トラブルなく20年以上の使用実績のある成分であること。
  • 日本における原料規格の最新版に問題なく登録されている成分であること。

 

これらの3種の洗顔成分をバランス良く組み合わせることによって、「肌にとって不必要な汚れを、肌バリアを壊さず、肌環境を乱さずに落とす」ハウトシールドが理想とする洗顔料が出来上がりました。

また、開発者のゆずれない弱酸性へのこだわりから、洗顔料を弱酸性に調整しているのも、肌環境を乱すスキンケアはスキンケアではない、というハウトシールドの信念を表しています。

 

強い洗顔成分を使用してアルカリ性にすれば、流行りのクリーミーな泡モコモコ洗顔料を作ることは簡単ですが、汚れと一緒に皮脂も削られてしまっては肌は喜びません。

 

洗顔料が肌に合っているかが分かる瞬間は、洗顔後の肌実感です。

次は貴女がラメラディフェンスバランシングフォームを使って、洗い上がった肌がしっとりしているのに毛穴までスッキリ!という新しい感動に出会ってください。

 

 

もちろん、男性の貴方にもオススメです!(ヒトの肌の構造に性別は関係ありませんからね^^)

パルミチン酸レチノールで美肌革命を!

パルミチン酸レチノールで美肌革命を!

「もう今更手遅れ」「美肌なんて到底無理」そんな諦めの気持ちにストッパーをかける最後の砦のようなスキンケアがあったら、試してみたいと思いませんか?

近年の「攻めの美容コスメ」には必ずと言って良いほど配合されているレチノールという成分。

レチノールとは、ズバリ「ビタミンA」のこと。

 

 

肌のターンオーバーを正常化させ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すので、アンチエイジングだけでなく、シミやニキビにも効果が期待できる美容成分として評価されています。

よく化粧品には「レチノール」や「パルミチン酸レチノール」という呼び名で配合されていますが、この2つの成分の違いは何でしょう?

パルミチン酸レチノールは、レチノールの安定性を高めるためにパルミチン酸を加えています。

更には、パルミチン酸レチノールは肌への刺激が低いというメリットもあります。

 

 

ハウトシールドのナイトクリームには、この「パルミチン酸レチノール」がたっぷり配合されています。

ちなみに、レチノールを使用し、「レチノール」と呼ぶことで「パルミチン酸レチノール」と区別している商品も多々ありますが、「パルミチン酸レチノール」は、レチノールの懸念点である「肌への刺激」や成分としての「安定性」を改善した成分であり、化粧品に配合する成分として適しているとハウトシールドは考えています。

  • 毛穴の黒ずみ・たるみ改善
  • シミの改善・美白効果
  • しわ・たるみの改善
  • ニキビ・ニキビ跡の改善
  • 目の周り・目元のハリにアプローチ

 

肌には、水分をため込んだり、細胞をきちんと整列させてキメを整える「酵素」があります。しかし、これらの「酵素」は年齢と共にダラけて働かなくなり、その影響で肌のターンオーバーがきちんと出来ずに肌がくすんでくるのが悲しい現実です。そんな時に、レチノールは「ちゃんと働きなさい!」と酵素たちにハッパをかけてくれるのです。

ハウトシールドのナイトクリームには、そんな頼もしい司令塔成分の他に、美白効果のあるナイアシンアミド、保湿効果の高いシアバターとモリンガオイルもたっぷり配合されています。これでもか!というほど贅沢成分がたっぷり入っているので、まさに夜寝ている間に美肌を育ててくれる優秀アイテムです。

最近、何をしても肌が応えてくれない気がするという負のスパイラルに陥った大人肌の悩みに。

 

ハウトシールドのスキンケアは「ヒトの肌の構造は昔からずっと変わらない」という当たり前の事実と、「ヒトの肌を解明し、最大限の結果に導くことがスキンケアの価値である」という開発者の強い信念に基づいています。

ぜひ、ドイツ皮膚科学の心意気を貴女の肌にも届けさせてください。

 

クリームだけど、クリームじゃない?!

クリームだけど、クリームじゃない?!

いよいよ冬本番、室内と外の温度差で肌の表面がベタつくのにカサカサの部分もあったり、大人肌の悩みが尽きない季節になりましたね。

そんな時の頼もしい救世主がハウトシールドのクリーム。化粧水不要のクリームだけのスキンケアを提唱するハウトシールドは、そのクリームの形状に大きな秘密があります。

一般のクリームは油分と水分が分離しないよう乳化剤を使ってクリーム状にしていますが、ハウトシールドのクリームは油分と水分がミルフィーユ状に重なった形状をしています。実はこのラメラ構造をクリームで再現するには極めて高度な技術が必要で、ドイツで技術特許を取得しています。

そして、クリームの構造の違いだけでこんなに違うの?!と驚くほど、全てが違います。ちなみに、ハウトシールドの開発者は30年前からずっと「本来クリームとはこうあるべき!」と唱え続けています。

クリームで疑似角層を形成できるハウトシールドのクリームは、是非とも「クリームの塗り方」にもこだわっていただきたいと思います。とはいえ、難しいことは何もなく、肌に「直塗り」(=指先にクリームを出したら、そのまま塗りたい顔の部分にのせてくるくると指先でのばす)していただければ完璧です。

よく美容のプロが手のひらにクリームを出して両手のひらでクリームを挟んで温めるようにしてから、クリームがなじんだ両手のひらを顔全体にやさしく押し付ける、という方法をとっていますが、肌におくとすぐに「肌化」するハウトシールドではせっかくのクリームが全て手のひらになじんで終わってしまうので、この方法はオススメできません。是非とも効果がマックスで感じられる「直塗り」を推奨いたします。

確かに、界面活性剤で水分と油分を乳化した通常のクリームの場合は、手のひらで温めることで肌になじみやすくなりますが、ハウトシールドのクリームは、クリームの構造自体が既に健康なヒトの肌と同じ構造で出来ているため、すぐに肌になじむ特殊なクリームなのです。

 

驚くほどの肌なじみの良さとしっとり感、まるで肌のように快適にはたらく賢いクリームと形容される所以は、まさにこの疑似角層をクリームで再現したドイツ皮膚科学の技術にあります。

塗るだけで理想の肌バリア構造を形成できるハウトシールドのクリームは、クリームとはいえ、クリームを超えたクリームであり、従来の「クリーム」という認識の中には収まりきらないユニークなクリームなのです。

今までテクスチャー重視のクリームを愛用してきた人には、質実剛健なハウトシールドのスキンケアは目からウロコ級の衝撃だと思いますが、今こそ肌の原点に戻って「正しい保湿」にこだわりませんか?

 

ハウトシールドを使い始めると「水分は外から与えられるものではなく、内側から満たされるもの」であることが自分の肌を通して分かるようになります。

シンプルですが、理にかなったドイツの皮膚科学の力を、是非ともあなたの肌で体感してみてください。